メンズ

ビジネスの場で3Dプリンターを使う|便利な機能を持つ機器がある

進化する商品

女の人

ホワイトボードは会社でも取り入れられており、会議を行なう時に利用されることが多いでしょう。また、通販でも購入することが可能ですので、取り入れたいのであればそちらを活用してみるのがベストです。

More...

再生トナーの品質

コピー機

再生トナーは純正トナーのリサイクル品で、業者によってその品質は変動します。低品質だとプリンタの故障にも繋がる恐れがあるので、品質重視の再生トナー選びを心がけましょう。

More...

インク代を節約したい

機械

インクジェットプリンターは、価格も安くて使い方も楽ですから、多くの人に利用されています。しかし、使ってみて驚くのがインク代の高さです。何故インク代が高いのかは、プリンターメーカーの販売戦略ですが、プリンターの価格を下げて、その分をランニングコストとなるインク代に転嫁しています。また、日本国内では、海外で販売されている比較的安いインクが販売されないことなど、よりインク代が高く感じられます。高いインク代を節約するためには、純正インクではない互換インクを使う方法があります。互換インクは、プリンターメーカー以外のメーカーが販売しているもので、特許の関係からプリンターメーカーのカートリッジとは少し異なるカートリッジにインクを詰めています。当然ですが価格は純正品より数割安くなっています。

一般的なインクジェットプリンターのインクカートリッジには、一つ一つにICチップがつけられています。これは、カートリッジ内のインク量を間接的に管理していますが、誤差が大きいのが難点です。すなわち、まだインクが残っているにも関わらずインクの交換をしなければならなくなります。これは、互換インクでも同じでプリンターの仕様のためにそうなっています。このようなICチップの管理をリセットするタイプの互換インクもあります。すなわち、インクを詰め替えることで同じカートリッジを何回も使いまわすタイプです。そして、カートリッジの交換ごとにICチップの記憶をインクが満タンになっているように書き換えるものです。こちらの方が普通の互換インクよりコスト的に更に安くなります。いまは様々なタイプが販売されているので、使っているプリンターに合わせて選ぶといいでしょう。また品質も確認するのを忘れずに行うことも大切です。このように、品質が良い機器がビジネス用に作られていますが、最近は3Dプリンターが特に話題になっています。3Dプリンターが一台あれば、もっとビジネスチャンスは広がるでしょう。

印刷会社並みの製品

固定電話

リサイクルトナーの評判は、最近では印刷会社並みの製品を安価に利用できるというところにあります。枚数が増えれば増えるほど印刷コストは増加するため、見逃せないポイントです。

More...